演劇講座発表会3.12

一年はあっという間です

気がつけば3月となりました

 

3月といえば

卒業式や入学式などの準備に追われ

なにかと忙しなく感じる季節です。

 

らくりん座でもまもなく訪れる

演劇講座の発表会の準備に追われております。

 

那須野が原ハーモニーホール主催の演劇講座

4月から始まり

1年間通して演劇を学び

3月には講座生たちによる「発表会」が行われます

参加者の中には

初めて舞台に立つメンバーもいれば

毎年参加してくれているメンバーもおり

お互い切磋琢磨して

励んでおります

 

見てください!

みなさんの真剣な表情

本番が楽しみですね

 

そして

今年の発表会の作品は

別役実さんの作品

「卵の中の白雪姫」

 

1年間の集大成

ぜひ講座生たちの成果を観に足を運んでください

 

 

◇詳細◇◇

那須野が原ハーモニーホール

第20回演劇講座発表会

『卵の中の白雪姫』

 

 

2017年3月12日(日)

14時30分開演(14時開場)

全席自由:大人200円/中学生以下無料(チケットは必要です)

 

会場:那須野が原ハーモニーホール 小ホール

(栃木県大田原市本町1-2703-6)

 

お問い合わせ・ご予約は

公益財団法人那須野が原文化振興財団

TEL0287-24-0880 (午前9時~午後5時)

 

主催:公益財団法人那須野が原文化振興財団

協力:一般社団法人日本教育演劇道場 らくりん座

 

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽

 

本日3月3日は「雛祭り」です

世の中の女性のためのお祭りですね

 

 

らくりん座の女性のために

とっても美味しそうな

ちらし寿司を作っていただきました

 

 

見てください!

この華やかでいかにも春らしい『ちらし寿司』

見ているだけで楽しい気持ちにさせてくれるのが

ちらし寿司の良い所ですよね。

 

 

 

 

昔のらくりん座では季節ごとにお祭りをし

自然への感謝を忘れないようにしていたそうです

 

今でこそそのお祭りはなくなってしまいましたが

自然の恵みに感謝する心は

常に私たちの中に受け継がれております

 

 

 

「元始、女性は実に太陽であった」(著:平塚らいてう)

 

文芸雑誌『青鞜』に掲載された1節の引用ですが

この後に続く、月とならず

今日も明日も明後日も

 

ちらし寿司のように華やかに

周りを和ませる

そんな太陽となり続けたいものです

 

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

 

 

 

おむすびころりん♪

先日は県内の幼稚園にて

「おむすびころりん」の公演に行ってきました

 

 

 

お陰様で最近は

卒園行事の一つとして呼ばれることも多くなりました

情操教育の入り口となる幼稚園・保育園

ぜひ

らくりん座の「おむすびころりん」を

みてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

 

 

雪の日

今朝はカーテンを開けて驚きました

まさか朝から雪が降るとは・・

 

本日も公演班は早朝、さくら市に向けて出発していきました

 

 

今年はどうも雪が多い年となりましたね

皆様もどうか安全運転を心がけてください。

 

 

 

さて

先日のお誕生日会の様子が届きました

折角なので、皆さまにも

幸せのおすそわけを

 

こちらが

笑顔が素敵な『らくりん座のキャンディーズ』です!

 

 

 

 

 

今回のケーキ

那須塩原市で大人気の

KINSEIDOさんのケーキとなります

 

 

程よい甘さに、見た目も可愛い

一度は食べてもらいたいケーキ屋さんの一つです。

 

らくりん座もよく利用させていただいており

今回も美味しくいただきました

ご馳走様でした。

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

節分

2月3日は

那須野舞殿より

豆の炒った良い匂いがただよってきました

 

節分豆まきです

福を呼びます

しかし

らくりん座では鬼が出てくる作品も数多くあります

『ゆきと鬼んべ』や『島ひき鬼』等々

なので、鬼は追い出しません

 

そして今年の鬼役は

歌留多の勝負で見事、益子さんに決定しました!

 

 

こちら衣裳部屋を占拠した青鬼

 

 

窓からの侵入を試みる青鬼

 

 

演出部屋に乱入し

演出の印南さんを捕まえた青鬼

そして御機嫌な印南さん

 

今年度もいよいよ後2か月

来年度もらくりん座に

そして皆様に

福がたくさん訪れますように

 

「ふくは~♪ うち~♪」

「おには~♪ うち~♪」

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秘蔵かるた

皆さんは節分に豆を撒き

福を呼びましたか?

 

らくりん座では、今年は座内研修も兼ねて

節分行事を行いました。

 

 

 

 

まずは

担当の中沢氏より

節分の由来などの説明があり

 

年女も年男もいないため

『かるた』で勝負

鬼を決めます

 

 

 

先代の玲子先生所有の

歌留多

昔はよく百人一首をやっていたとのこと、

しかし今回は純粋に歌留多三本勝負

 

負けたら鬼役が待っております

 

歌留多の枚数が少なる成るにつれて

徐々に前ににじり寄る面々・・

 

みなさん、手の動きが怪しいです

 

 

残り二枚となり

全員、頭の上に手を挙げて

最後の勝負!

 

 

勝負の結果ですか?

 

それはこの後のブログで・・

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

今日のおやつ

新作公演という、

年に一度の大仕事を終えたらくりん座に

 

穏やかな日々が舞い戻りました

 

 

那須野舞殿からは幼稚園作品

『さんびきのヤギ』の稽古の声が・・

 

「メェ~・・」「大きいヤギに、小さい・・・・」

 

 

事務所からは、PCや複合機の活躍する音が

響いています

 

「パチパチパチパチ・・・」「ゴーーーピーーーピーーー・・・」

 

 

と、そんな中

 

 

「コポコポコポ・・・」

 

 

 

と、珈琲のいい香りと

ほんのり甘いカステラの香が

 

 

先日、らくりん座を卒業したメンバーからいただいた

豆乳カステラです

かわいいでしょ、すべて野菜の形をしております

よく見ると胡瓜に人参、茄子、インゲン・・・栗・・くり

 

ここで『栗』ははたして野菜なのか果物なのかの論争が

事務所で繰り広げられました・・

 

結論を申しますと

 

各業界により扱いはことなるようですが

 

大雑把に草に実るのが野菜

樹木に実るのが果物

 

という基準があるため

 

栗は『果物』となるとのこと

 

 

などと話している間に

食べてしまいました

 

 

 

今日は一時の裕福な時間が持つことができました

 

ご馳走様でした。

 

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

 

【情報】オーディション募集要項

2017年度 新人募集

 

◆劇団らくりん座では、こんな人材を募集しています!

○演劇を一生の仕事にしていきたいと考え、勉強・鍛錬する意欲のある方。
○子どもの心や情操教育に興味・関心がある方。
○発想力豊かで、創造的な仕事をしたいと思っている方。
○体力に自信のある方。
○心に「!」「?」「☆」がある方。
○一緒にらくりん座を盛り上げてくれる方。

 

◆劇団員の仕事

公演のときのみ出演するのではなく、1年を通して、劇団の仕事に携わっていただきます。
稽古や公演の他にも、道具や衣裳の制作から、事務的な仕事、広報活動など、劇団を運営していく上で必要な仕事に幅広く関わっていただきます。
毎年100以上の公演行っているため、実践を通して、照明や音響など、舞台スタッフとしての仕事を学ぶことができます。

 

◆募集要項

 

○試験日程

 

 

 

○演劇経験

2017年3月8日(水)、3月18日(土)、3月19日(日)

いずれも14時~

 

 

不問

○年齢 18歳~
○資格 高校卒業程度の学力を有する男女
心身ともに健康な方
○給与 経験・能力によって相談の上決定
○選考方法 書類選考の後、筆記テスト、面接、オーディションの上決定

※募集〆切・・・試験日の3日前までに履歴書必着

 

興味を持たれた方や「詳しく話を聞きたい」という方は、ぜひ一度ご連絡下さい。
稽古や公演の見学も可能です。

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

 

御礼「瓜子姫とアマンジャク」

先日行われました

劇団らくりん座創立65周年記念公演

『瓜子姫とアマンジャク』

 

無事に千穐楽を迎えました

 

たくさんの方々にお越しいただき

本当に有難うございます。

 

(写真は『瓜子姫とアマンジャク』より)

 

 

来年度はこの作品も

学校で行われております

演劇鑑賞教室の演目の一つとなり

さらに多くのひとたちへお届けしてまいりますので

 

どうぞ皆様

これからもご理解ご協力の程

よろしくお願いいたします。

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

 

瓜子姫

こんにちは

 

一足先に瓜子姫の紹介・・・

と、思いましたがよく見たら演出家の印南氏でした

 

 

演出家は全ての役者の代役が出来るのでは

ないかと思うほど稽古場では

その瞬間、役として立ち振る舞うので驚きです

 

さて、あと1週間となりました

「瓜子姫とアマンジャク」

 

ぜひ、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

劇団らくりん座 広報部