『卵の中の白雪姫』本番!

いよいよ本番となりました!

演劇講座 発表会

『卵の中の白雪姫』作:別役実

 

本日、14時30分開演です。

場所は那須野が原ハーモニーホール

 

講座生たちの、この1年間の集大成となります

 

どうぞお楽しみに

 

 

 

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

 

 

 

 

演劇講座発表会3.12

一年はあっという間です

気がつけば3月となりました

 

3月といえば

卒業式や入学式などの準備に追われ

なにかと忙しなく感じる季節です。

 

らくりん座でもまもなく訪れる

演劇講座の発表会の準備に追われております。

 

那須野が原ハーモニーホール主催の演劇講座

4月から始まり

1年間通して演劇を学び

3月には講座生たちによる「発表会」が行われます

参加者の中には

初めて舞台に立つメンバーもいれば

毎年参加してくれているメンバーもおり

お互い切磋琢磨して

励んでおります

 

見てください!

みなさんの真剣な表情

本番が楽しみですね

 

そして

今年の発表会の作品は

別役実さんの作品

「卵の中の白雪姫」

 

1年間の集大成

ぜひ講座生たちの成果を観に足を運んでください

 

 

◇詳細◇◇

那須野が原ハーモニーホール

第20回演劇講座発表会

『卵の中の白雪姫』

 

 

2017年3月12日(日)

14時30分開演(14時開場)

全席自由:大人200円/中学生以下無料(チケットは必要です)

 

会場:那須野が原ハーモニーホール 小ホール

(栃木県大田原市本町1-2703-6)

 

お問い合わせ・ご予約は

公益財団法人那須野が原文化振興財団

TEL0287-24-0880 (午前9時~午後5時)

 

主催:公益財団法人那須野が原文化振興財団

協力:一般社団法人日本教育演劇道場 らくりん座

 

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

 

 

 

 

おむすびころりん♪

先日は県内の幼稚園にて

「おむすびころりん」の公演に行ってきました

 

 

 

お陰様で最近は

卒園行事の一つとして呼ばれることも多くなりました

情操教育の入り口となる幼稚園・保育園

ぜひ

らくりん座の「おむすびころりん」を

みてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

 

 

御礼「瓜子姫とアマンジャク」

先日行われました

劇団らくりん座創立65周年記念公演

『瓜子姫とアマンジャク』

 

無事に千穐楽を迎えました

 

たくさんの方々にお越しいただき

本当に有難うございます。

 

(写真は『瓜子姫とアマンジャク』より)

 

 

来年度はこの作品も

学校で行われております

演劇鑑賞教室の演目の一つとなり

さらに多くのひとたちへお届けしてまいりますので

 

どうぞ皆様

これからもご理解ご協力の程

よろしくお願いいたします。

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

 

瓜子姫

こんにちは

 

一足先に瓜子姫の紹介・・・

と、思いましたがよく見たら演出家の印南氏でした

 

 

演出家は全ての役者の代役が出来るのでは

ないかと思うほど稽古場では

その瞬間、役として立ち振る舞うので驚きです

 

さて、あと1週間となりました

「瓜子姫とアマンジャク」

 

ぜひ、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

 

竜神さま

いよいよ明日となりました

東久留米市公演

「ゆきと鬼んべ」

 

先日の稽古の様子です。

 

それでは劇場でお待ちしております。

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

東久留米市公演

ただいま『瓜子姫とアマンジャク』の稽古真っ最中ではありますが

 

一足先に、『ゆきと鬼んべ』の公演が今週末あるのでそのご案内です。

 

『ゆきと鬼んべ』作:さねとうあきら

2017年1月22日(日)

午前の部 10時30分/午後の部 13時30分

 

成美教育会館グリーンホール

(東京都東久留米市東本町8-14、西武池袋線『東久留米駅』より徒歩4分)

 

入場料:1900円(全席自由)※大人・子ども同一料金

 

主催:東久留米よい劇をみる会実行委員会

 

久しぶりの東京公演です

いつもの学校公演とは違い

一般の方もご入場できます

この機会にぜひご来場ください。

 

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

 

下野新聞に掲載

ご報告が遅くなりましたが

 

1月4日付の下野新聞の地域欄に掲載してもらいました

 

記事の内容はもちろん

創立65周年記念公演

「瓜子姫とアマンジャク」

 

 

記事にあるように

現在、木下順二さんの作品をプロ劇団が

上演許可とるのは非常に難しいのです。

 

これについては

演出の印南貞人氏は

「歴史ある劇団だからこそ

上演許可が下りたのでは。

やるからには単純な表現にはしたくない」と

(「下野新聞」より抜粋)

 

この作品を上演出来ることは

本当に光栄でもありますが

責任の重さを感じずにはいられません。

 

どの作品に対しても挑む心持は同じですが

一際この作品を大切に大切に

舞台の上で咲かせてあげたいと思います。

 

 

 

木下順二×らくりん座=∞(無限大)

 

そんな作品を目指して只今

日々稽古に励んでおります

 

そして本番当日では

 

劇場×舞台×お客様=∞(無限大)

 

となります。

 

皆様のことを

劇場でお待ちしております。

 

劇団らくりん座 広報部

 

★公演詳細についてはハーモニーホール

または劇団らくりん座までお気軽のお問い合わせください

 

 

 

 

蕎麦打ち

年もあけ気がつけば1月も半ばを過ぎておりますね

 

ここで年越しのお話・・

 

月に一度、劇団らくりん座では

『座内研修』を行っております。

そして12月には「蕎麦打ち」が行われました。

 

講師には、「那須野の大地」を観劇いただいた方はご存じ

阿久津誠さんです。友の会の会員さんでもあります!

 

今回は阿久津講師のもと、

蕎麦打ちに挑戦!

↑こちら、決して某アニメ番組の『カメハメ波』の練習ではありません。。

 

蕎麦打ちには流れるように力強くがキーワードということで

粉を捏ねる、八の字の練習です。

 

 

 

↑ こちらは阿久津講師が作成してくれた

テキストを片手に、真剣に講師の説明を聞く面々。

 

 

そして、完成したのが↓こちら!

 

そうです

実は広報部も一緒になって蕎麦打ちをしていたら

写真が撮るのを忘れてしまいまして

残念なことに

蕎麦打ち工程の写真が残っていないのです・・。

 

 

ですが

こちらをご覧ください!

 

この皆さんのやり切った笑顔!

 

 

この日を心待ちにしていた

演出の印南氏も交え美味しく頂きました

 

 

 

 

蕎麦打ち初心者にしては

大変上出来で満足

・・・するわけもなく

『再度挑戦したい!!』との声もチラホラ・・

 

蕎麦打ちも芝居も

完成を追求していく姿に感動です

 

 

さて、いよいよ『瓜子姫とアマンジャク』

2週間前となります。

 

こちらも、完成を追求し皆様にご満足いただける

作品に仕上げていきますので

どうぞお楽しみにしていてください。

 

 

 

劇団らくりん座  広報部