三びきのヤギのおはなし

[上演時間] 35分
3bikinoyagi

おいらはヤギ
腹ペコヤギ
いつも お腹が
ペッコペコ

あらすじ

寒い寒い北ヨーロッパのあるところに三びきのヤギが住んでいました。
大きいヤギ、中くらいのヤギ、小さいヤギ。
三びきは『あの橋』を渡って『あの山』に草を食べに出かけました。
だけど『あの橋』の下には、トロルが棲んでいるらしい

大きな手――。大きな口――。大きな体――。

小さいヤギは「僕が一番に行ってやっつけてやる。」と橋を渡って行きました。
帰ってこない小さいヤギを心配した中ぐらいのヤギが「トロルなんか得意のなぞなぞでやっつけてやる!」と橋を渡って行きました。

帰ってこない2匹のヤギを心配して、大きいヤギは勇気を振り絞り橋を渡ろうとしました。
やがて、トロルが気持ちよく寝ている隙を狙って、捕らわれていた小さいヤギと中くらいのヤギは、大きいヤギと協力してトロルをやっつけました。

「よーし、あの山へ草を食べに行こう!」
「おー!」
ホーム お問い合わせはこちら サイトマップ
Top