もっと食べたい

[上演時間] 60分

楽器の生演奏をバックに歌と踊りを交えて繰り広げられる痛快冒険活劇。
作    荒木昭夫
(ルーマニア民話より)
演出   印南貞人
振付   熊谷 章
美術   印南貞人
音楽   上野哲生
照明   石田道彦

あらすじ

 むかしむかしがありました。静かな村でありました。風がそよそよ吹きました。

 貧しいけれどとっても優しい、じいさまとばあさま。迷惑かけちゃいけないと、おんどりさんは旅にでます。何か餞別をあげたいばあさまは財布を取り出してみたけれど、中身はカラッポ。

 さて、やってきたのは大金持ちの支配する土地。そこではたくさんのめんどりたちが、金持ちの言うがまま働かされていましたが、おんどりさんはいつものごとく食べてばかりのマイペース。

 こんな不自由な土地とはおさらばと、再び旅に出ようとしたおんどりさんでしたが、ばあさまからもらった大事な財布を取り上げられて…

 理不尽な要求にも逆らえず、いくつもいくつも卵を産まされるめんどりたちは金持ちに立ち向かうおんどりさんと出会って気がつきます…

 楽器の生演奏をバックに歌と踊りを交えて繰り広げられる痛快冒険活劇。
ホーム お問い合わせはこちら サイトマップ
Top