釜の蓋

「8月1日には釜の蓋の日だから、蓋まんじゅうを作って食べるんだ」と、

事務局の遠山さんがまんじゅうを持って来てくれました。

 

饅頭

 

しかし、この釜の蓋の日とは?

と、調べてみたら栃木県のホームページに詳しく載っていましたので

引用させてもらうと・・・

 

『8月1日は、釜蓋朔日(かまぶたのついたち)と呼んで

地獄の釜の蓋が開く日です。

地獄とは「あの世」という意味に考えればいいでしょう。

 

お盆には地獄に行っていた精霊(ご先祖様)も帰って来ます。

でも地獄からの道は遠くて、8月1日に出なければ、お盆に間に合いません。

精霊たちは、その日を待ちかねたように飛び出します。

 

畑などで大地に耳をあてると、その様子が聞こえてくると言われています。

ちなみに、地獄の釜の蓋を開けるように命じるのは、ご存じ閻魔大王です。』

 

と、ありました。そして、さらに

 

『ここ那須地方には、古くからご先祖様を迎えるための行事の一つとして

8月1日に釜の 蓋が開いたことを喜び

おまんじゅう(たんさんまんじゅう)作って笹の葉を敷いてお供え し

自分たちもそのまんじゅうを食べる風習があります。

これが“釜の蓋まんじゅう”です。』

 

 

そう那須地方にのみ伝わる風習なんですね。

 

 

ある一説によると、

ご先祖さまが、帰ってくる途中、お腹がすいてしまうので

その蓋まんじゅうを食べながら帰ってくるのだとか・・

 

 

 

数十年前から核家族化している日本ですが

ご先祖様を大切にする心は

こうして受け継がれているのですね

 

 

 

そろそろお盆休みに入る方も多いでしょう

みなさんの地元にも、

一風変わった風習や言い伝えなどありましたら、

ぜひ教えてください。

 

 

劇団らくりん座 広報

 

疏水レース結果

先週末参加した『西那須野ふれあい祭り』での疏水レースの結果ですが

 

 

なんと

 

 

優勝しました!

 

疏水レース

 

古賀・大河内・杉山の精鋭チームが

1分23秒という速さで

障害物を駆け抜けて見事優勝。

 

応援してくださった皆様本当にありがとうございました。

 

また、こうして地域を盛り上げる企画をされている西那須野商工会議所の皆様

ありがとうございます!

 

 

 

さて今度は、私達らくりん座の番です!

8月30日(日)

らくりん座夏祭り

 

皆様のご来場おまちしております!

 

劇団らくりん座 広報部

疏水レース

始まりました!疏水レース

 

今年は過去最多のエントリーだったそうで

48チームとのこと

すごい人混みです

 

IMG_20150725_160748

 

各チーム

全力疾走でいってきます

 

IMG_20150725_161037

 

開拓の祭りなので移住人の格好の精鋭チーム!

古賀&大河内&杉山

 

IMG_20150725_160726

農耕チームの

中沢、田口、益子

 

 

IMG_20150725_160609

夏祭りチームの

髙木、君島、相馬

 

 

さてさて、どのチームが優勝するかお楽しみに!

 

杉山

ふれあい祭り

今週末はらくりん座の地元である西那須野で

『西那須野ふれあい祭り』があります。

 

ダンス、ライブ、仮装大会、よさこいソーランなどなど

西那須野駅西口駅前広場のいろいろな場所で、様々な催し物があります。

 

その一つ、『疏水レース』にらくりん座もエントリーしました

 

このレースは3人1組が協力して

いろいろな障害物を乗り越えていくという

チームワークが重要視されます。

 

そこにらくりん座の精鋭メンバーが3チームエントリーしました。

日頃、演劇というチームワークで成り立つ仕事をしている私たちです

 

もちろん優勝を狙って挑みます!

 

 

 

西那須野ふれあい祭り

7月25日(土)午後3時~9時

西那須野駅西口周辺

 

遊びに来て、暑い夏を吹き飛ばしてください!

 

疏水レースの応援もぜひ!!

 

 

IMG_20150710_154222

 

劇団らくりん座 広報部

 

らくりん座友の会総会のお知らせ

暑い日が続いていますが皆様元気でお過ごしでしょうか?

さて、来たる7月20日(月)にらくりん座友の会の総会が開催されます。

 

この手の総会と申しますと「予算やらを審議するだけの堅苦しい会議なんでしょ」と思われるかもしれませんが、らくりん座友の会の場合は一味違います。

 

もちろんそうした審議は行われるのですが、それだけにとどまらず芸術文化に対する知見を広めるために、講演会、実演会、演奏会などを開催し、さらに劇団員との交流を深めるための茶話会を開きます。

 

今回は那須塩原市在住の津軽三味線世界大会ジュニア部門入賞者・少年2名をお招きして津軽三味線の演奏会があり、すいとんやおにぎりなどを用意してお待ちしております。

 

友の会に加入していない方もどうぞこの機会にらくりん座へお出かけください。劇団員一同皆様のご来場をお待ちしております。   友の会事務局 中沢

 

 

総会日程

日 時 平成27年7月20日(月)祝日  午後6時00分より

会 場 劇団らくりん座 那須野舞殿

総会参加費 無料

 

暑気払いでバーベキュー

暑気が来る前に暑気払いを!

 

ということで、先日らくりん座では

『 お誕生日会 & 暑気払いバーベキュー 』 を行いました。

 

BBQ2

 

当日は午後から雨が(まぁまだ梅雨時なので)降ってきたため

ご覧のように、テントを張り

 

(ブルーシートの機能性を改めて実感)

 

 

bbq3

 

薪割りは

当日、二十歳になったばかりの相馬君。

 

なかなか上手に割れています

 

 

BBQ1

 

お肉に野菜にお肉にお肉にお魚にと

次々焼いていきます!

 

今回は夏野菜を多めに投入

一応、暑気払いですから

 

そしてご覧ください。丸太の椅子を

なんと人数分、大森さんがつくってくれたのです

おかげで、今回は重たいベンチを運ばずにすみました

 

ありがとうございます!大森さん

 

 

途中、どしゃ降りにもなりましたが

雨なんかに負けるらくりん座ではありません。

 

 

見てください、この笑顔

 

bbq4

 

注:ブルーシートの影で若干顔色悪いですが、皆さん元気です。

 

 

さて

暑気払いもしましたし

 

あとは

 

8月22日の三島ホール公演 『もっと食べたい!』

 

そして8月30日の夏まつりに向けて

稽古あるのみ

 

 

『とらのさいばん』の稽古も順調に進んでいますよ

 

詳しくは

また次の機会に

 

杉山

 

 

 

 

 

『とらのさいばん』夏まつり④

8月30日(日)の夏まつり

劇団らくりん座によるお芝居の演目は

 

 

『とらのさいばん』に決定!

 

あらすじ≫

舞台は南方の暑い国。トラが罠にかかって泣いていました。

小僧さんが助けてやると、トラは小僧さんを食べると言いだしました。

「では、トラ君。食べてもいいからここを通る四人のものに、

どちらが悪いか、裁判をしてもらってからにしておくれ。」

さあ、どんな裁判になるのでしょう。

 

作:浅野歳郎

出演:劇団らくりん座

 

 

 

この『とらのさいばん』は、歳郎氏が戦前に書いた作品です。

数十年経った今読んでみても、新しい作品としてご紹介できる

そんな素敵な作品です。

 

 

『とらのさいばん』2015年versionを楽しみにしてください。

 

 

 

◇◆夏祭り情報◆◇

 

 

2015年8月30日(日)

会場:らくりん座敷地内

入場開始:11時00分

入場料:800円

 

※野外広場では、ミニゲームコーナーや軽食コーナーをご用意

那須野舞殿では、お芝居やダンスなどの催し物を開催します。

 

≪催し物の案内≫

~演劇やダンスなど開催~

 

会場:那須野舞殿

開場:13時00分

開演:13時30分

 

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

夏まつり③

今週で6月も終わり、いよいよ7月に突入です。

 

先週末、事務所で仕事をしていると蝉の鳴き声がどこからか聞こえてきました。

 

夏の訪れもあと僅かですね

 

さて、夏と言えば

夏祭りですね

 

こちらも方も着々と進んでいます。

 

ぜひ足を運んでください。

 

 

夏まつり③

2009年夏まつりの様子

 

 

◇◆夏まつり情報◆◇

 

らくりん座主催の『夏まつり』まであと2か月!

 

今年は広場にゲームコーナーを設け

舞殿では、演劇にダンスの公演と盛りだくさんの企画をご用意しています。

 

ぜひ、親子・友達とで気軽に遊びにいらしてください。

 

≪日程の案内≫

2015年8月30日(日)

会場:らくりん座敷地内

入場開始:11時00分

入場料:800円

 

≪催し物の案内≫

会場:那須野舞殿

開場:13時00分

開演:13時30分

 

 

※演目・出演者などについては後日発表します!

※駐車場はありますが、なるべく乗り合わせでご来場ください。

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

マイ・チャレンジ週間

今週、劇団らくりん座には

マイ・チャレンジで、市内の男子中学生が職場体験に来ました。

 

 

IMG_0647

 

マイ・チャレンジとは

『 地域における人との関わりを主とした社会体験活動の事であり、

共に生きる心や感謝の心等を育み、

主体的に自己のあり方や生き方をみつめることができることを目指しています。

県教育委員会が推進中の「心の教育」の総合推進

「栃木の子どもをみんなで育てよう」運動の一環です。 』

(那須塩原市教育委員会生涯学習課の資料より抜粋)

 

 

らくりん座もそのお手伝いができる事業所として今年も参加しています。

 

そして今回、男子中学生が劇団らくりん座を希望してくれましたので

彼にはこの一週間、劇団員たちと同じように仕事を体験してもらいました。

 

公演には、朝早くから一緒にバスに乗り同行。

学校に到着後は、荷下ろし・仕込み・片付け・荷積みの仕事を体験してもらいました。

 

さすがは男子中学生、腕力と体力があります

舞台監督の大河内さんに重宝がられていました。

 

 

IMG_0617

公演終了後、片づけの様子

 

 

稽古にも参加

最終日にはダンスのレッスンを一緒にするなど、

ありのままのらくりん座を体験してもらっています。

 

 

野球・陸上・合唱・楽器演奏、そして、作曲までするという

多才な少年だったので最終日には

なんと『仰げば尊し』の歌とオカリナの演奏を披露してくれました。

 

 

 

あっという間の一週間でしたが

らくりん座での体験が

これから先、何かの糧になってくれたらいいなぁと思います。

 

 

 

劇団らくりん座 広報部

 

 

 

 

浅野式仮面

代表作「お面売りと山賊」をはじめ、らくりん座では仮面を使用した作品が数多くあります。

トラの裁判

島ひき鬼

たからのたいこ

 

創設者浅野歳郎が1948年に出版した「演劇仮面の作り方」(某サイトでは中古品で6,700円の値がついていました。国立国会図書館にも所蔵があります。)に基づく製作技法によって生まれた様々な仮面はらくりん座の演劇における重要な要素として受け継がれています。

 

らくりん座の道場に展示されている歴代の作品を彩った数々の仮面をご覧ください。

DSC02812DSC02819DSC02813

浅野歳郎の孫は2005年にブログでこんなことをつぶやいています。

『私たちが作成中の仮面は「浅野式仮(旧字で書く)面」といいます。
……私たちにとってはすでに古文書のような文体と漢字使いの、その本をもとに、つくっています。』

DSC02817 DSC02818

中沢