釜の蓋

「8月1日には釜の蓋の日だから、蓋まんじゅうを作って食べるんだ」と、

事務局の遠山さんがまんじゅうを持って来てくれました。

 

饅頭

 

しかし、この釜の蓋の日とは?

と、調べてみたら栃木県のホームページに詳しく載っていましたので

引用させてもらうと・・・

 

『8月1日は、釜蓋朔日(かまぶたのついたち)と呼んで

地獄の釜の蓋が開く日です。

地獄とは「あの世」という意味に考えればいいでしょう。

 

お盆には地獄に行っていた精霊(ご先祖様)も帰って来ます。

でも地獄からの道は遠くて、8月1日に出なければ、お盆に間に合いません。

精霊たちは、その日を待ちかねたように飛び出します。

 

畑などで大地に耳をあてると、その様子が聞こえてくると言われています。

ちなみに、地獄の釜の蓋を開けるように命じるのは、ご存じ閻魔大王です。』

 

と、ありました。そして、さらに

 

『ここ那須地方には、古くからご先祖様を迎えるための行事の一つとして

8月1日に釜の 蓋が開いたことを喜び

おまんじゅう(たんさんまんじゅう)作って笹の葉を敷いてお供え し

自分たちもそのまんじゅうを食べる風習があります。

これが“釜の蓋まんじゅう”です。』

 

 

そう那須地方にのみ伝わる風習なんですね。

 

 

ある一説によると、

ご先祖さまが、帰ってくる途中、お腹がすいてしまうので

その蓋まんじゅうを食べながら帰ってくるのだとか・・

 

 

 

数十年前から核家族化している日本ですが

ご先祖様を大切にする心は

こうして受け継がれているのですね

 

 

 

そろそろお盆休みに入る方も多いでしょう

みなさんの地元にも、

一風変わった風習や言い伝えなどありましたら、

ぜひ教えてください。

 

 

劇団らくりん座 広報

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × two =