明るい舞台で繰り広げられる
こぶたとおおかみの知恵比べ

っっd

H1見出しタイトル

H2見出しタイトル

H3見出しタイトル

H4見出しタイトル

H5見出しタイトル
H6見出しタイトル

フリー見出し

整形済テキスト

テキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキスト

2222222

タイトル

右テスト

寄付金の使途

全国の子どもたちに劇を届けるため
劇団の活動経費に要する。

お申込み方法

ご送金いただける方は、
下記口座へお振込みください。
ぼくは生きることについて語っているのだ

作・脚色:さねとうあきら

 この劇を書いたのは、1960年代の後半、「高度経済成長」のかけ声とともに、めまぐるしく日本が変容していく時代でした。
 物質的繁栄とひきかえに、山はけずりとられ、海岸線は埋め立てられ、川はどす黒く汚染され、山紫水明とうたわれた日本の自然が、みるかげもなく破壊しつくされていきました。
 それは、人間が豊かにくらすための「神聖な行為」としてもてはやされていました。
 でも、山が丸裸にされたとき、そこに住むけものや鳥たちの運命はどうなるのか、それを思うとぼくの心は暗くなりました。