らくりん座生物図鑑

夏真っ盛りですね。

自然に囲まれたらくりん座の敷地には様々な生物が精一杯生きています。

 

DSC02829

あっちにもこっちにも蝉の抜け殻が

 

夏のらくりん座は蝉たちの大合唱に包まれます

ヒグラシ、アブラゼミ、ツクツクボウシ‥

いったい何種類のセミが鳴いているのだろう

 

 

 

 

DSC02823雨の日には

でんでんむしむし カタツムリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC02825

 

 

これ何だかわかりますか?

 

モグラ君たちの穴です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC02831

 

 

画面の中央にご注目

邪険にしてはいけません

彼女らの活躍で蚊がどれだけ減っていることか‥

 

 

 

 

 

 

 

DSC02835

 

大きいのからミニミニサイズまで

いろいろな

蟻がいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画家の熊谷守一は語ったそうです「地面に頬杖つきながら、蟻の歩き方を幾年も見ていてわかったんですが、蟻は左の2番目の足から歩き出すんです」と。

観察は演劇表現においても重要な第一歩です。

人間の役なら人を観察し、ウサギの役ならウサギを観察し、虫の役なら虫を観察し、どうやったらその役に近づけるのかを常に考えます。

 

 

DSC02833

 

アリがいればアリジゴクも待ち構える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC01869

 

車のフロントガラスに登ったカエル君

口にくわえているのは何かしら?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC01738DSC01743

カエルがいればヘビもいる。

これは完全無欠の立派な抜け殻!

 

 

DSC02827

 

働き者のハチたちが見事なお家を建築中。

近寄らないでね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC01747

 

印南氏が飼っている猫。

どうしようもない怠けものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC01669

らくりん座生息生物の頂点に君臨するおりこう犬のポイ子ちゃん

この夏はすっかり暑さで夏バテしまくり犬です

 

 

 

ちなみに左の人物はらくりん座のご意見番遠山さんです

 

 

 

このほか、カブトムシもいれば、稽古中の道場にはビックリするぐらいの巨大オニヤンマも飛び込んできますし、夜にはホタルの目撃情報もあります。

あなたも夏まつりに来てらくりん座に生息する生物たちをたくさん発見してみませんか。

DSC01664

もう一枚ポイ子

ちなみに正式名は「ポイポイ」

 

ポイ子の飼い主 中沢

 

 

 

 

 

釜の蓋

「8月1日には釜の蓋の日だから、蓋まんじゅうを作って食べるんだ」と、

事務局の遠山さんがまんじゅうを持って来てくれました。

 

饅頭

 

しかし、この釜の蓋の日とは?

と、調べてみたら栃木県のホームページに詳しく載っていましたので

引用させてもらうと・・・

 

『8月1日は、釜蓋朔日(かまぶたのついたち)と呼んで

地獄の釜の蓋が開く日です。

地獄とは「あの世」という意味に考えればいいでしょう。

 

お盆には地獄に行っていた精霊(ご先祖様)も帰って来ます。

でも地獄からの道は遠くて、8月1日に出なければ、お盆に間に合いません。

精霊たちは、その日を待ちかねたように飛び出します。

 

畑などで大地に耳をあてると、その様子が聞こえてくると言われています。

ちなみに、地獄の釜の蓋を開けるように命じるのは、ご存じ閻魔大王です。』

 

と、ありました。そして、さらに

 

『ここ那須地方には、古くからご先祖様を迎えるための行事の一つとして

8月1日に釜の 蓋が開いたことを喜び

おまんじゅう(たんさんまんじゅう)作って笹の葉を敷いてお供え し

自分たちもそのまんじゅうを食べる風習があります。

これが“釜の蓋まんじゅう”です。』

 

 

そう那須地方にのみ伝わる風習なんですね。

 

 

ある一説によると、

ご先祖さまが、帰ってくる途中、お腹がすいてしまうので

その蓋まんじゅうを食べながら帰ってくるのだとか・・

 

 

 

数十年前から核家族化している日本ですが

ご先祖様を大切にする心は

こうして受け継がれているのですね

 

 

 

そろそろお盆休みに入る方も多いでしょう

みなさんの地元にも、

一風変わった風習や言い伝えなどありましたら、

ぜひ教えてください。

 

 

劇団らくりん座 広報

 

疏水レース

始まりました!疏水レース

 

今年は過去最多のエントリーだったそうで

48チームとのこと

すごい人混みです

 

IMG_20150725_160748

 

各チーム

全力疾走でいってきます

 

IMG_20150725_161037

 

開拓の祭りなので移住人の格好の精鋭チーム!

古賀&大河内&杉山

 

IMG_20150725_160726

農耕チームの

中沢、田口、益子

 

 

IMG_20150725_160609

夏祭りチームの

髙木、君島、相馬

 

 

さてさて、どのチームが優勝するかお楽しみに!

 

杉山

暑気払いでバーベキュー

暑気が来る前に暑気払いを!

 

ということで、先日らくりん座では

『 お誕生日会 & 暑気払いバーベキュー 』 を行いました。

 

BBQ2

 

当日は午後から雨が(まぁまだ梅雨時なので)降ってきたため

ご覧のように、テントを張り

 

(ブルーシートの機能性を改めて実感)

 

 

bbq3

 

薪割りは

当日、二十歳になったばかりの相馬君。

 

なかなか上手に割れています

 

 

BBQ1

 

お肉に野菜にお肉にお肉にお魚にと

次々焼いていきます!

 

今回は夏野菜を多めに投入

一応、暑気払いですから

 

そしてご覧ください。丸太の椅子を

なんと人数分、大森さんがつくってくれたのです

おかげで、今回は重たいベンチを運ばずにすみました

 

ありがとうございます!大森さん

 

 

途中、どしゃ降りにもなりましたが

雨なんかに負けるらくりん座ではありません。

 

 

見てください、この笑顔

 

bbq4

 

注:ブルーシートの影で若干顔色悪いですが、皆さん元気です。

 

 

さて

暑気払いもしましたし

 

あとは

 

8月22日の三島ホール公演 『もっと食べたい!』

 

そして8月30日の夏まつりに向けて

稽古あるのみ

 

 

『とらのさいばん』の稽古も順調に進んでいますよ

 

詳しくは

また次の機会に

 

杉山

 

 

 

 

 

浅野式仮面

代表作「お面売りと山賊」をはじめ、らくりん座では仮面を使用した作品が数多くあります。

トラの裁判

島ひき鬼

たからのたいこ

 

創設者浅野歳郎が1948年に出版した「演劇仮面の作り方」(某サイトでは中古品で6,700円の値がついていました。国立国会図書館にも所蔵があります。)に基づく製作技法によって生まれた様々な仮面はらくりん座の演劇における重要な要素として受け継がれています。

 

らくりん座の道場に展示されている歴代の作品を彩った数々の仮面をご覧ください。

DSC02812DSC02819DSC02813

浅野歳郎の孫は2005年にブログでこんなことをつぶやいています。

『私たちが作成中の仮面は「浅野式仮(旧字で書く)面」といいます。
……私たちにとってはすでに古文書のような文体と漢字使いの、その本をもとに、つくっています。』

DSC02817 DSC02818

中沢

らくりん座へおいでになる皆様へ

ホームページのアクセスマップをご覧いただきますと、「らくりん座」の入り口に「CLICK」という表示があり、そこをクリックするとこの案内写真が現れます。

300m地点の看板 いよいよ林の中に突入

300m地点の看板 いよいよ林の中に突入

 

 

しかし、昨年末に写真左側の林が伐採されて現在はソーラーパネルの建設工事が行われています。こちらが今日の様子。

現在の様子

 

アクセスマップの写真も替えたいとは思っているのですが、工事が完了するまでは景観が二転三転しそうなので、懐かしい林の写真をそのまま載せさせていただいております。今しばらくはご了承ください。

 

中沢 章

ある日の稽古風景

「らくりん座は公演じゃない時、何をしているの?」

 

と、良く聞かれますが
クヌギの木が見守る中、稽古をしております。

稽古1

 

 

 

役者として必要な基礎トレーニングの一つ

運動も欠かしません

見てください!この跳躍。動画でないのが残念です

稽古2

 

らくりん座には伝統の「らくりん座体操」という体操も存在します

日常生活の中では、あまり動かさない筋肉を集中的に動かすので、

慣れていない方は筋肉痛、必至です。

 

 

最近、運動不足だわ

という方がいらしたら、ぜひ遊びにいらしてください。

 

撮影;石田道彦   、投稿;杉山

お誕生日会『サロン・ド・らくりん』

先週、4月と5月生まれの劇団員のお誕生日会を開催しました!

 

 

美味しそうなケーキと紅茶、BGMを流したら

『サロン・ド・らくりん』の完成~

(ケーキは手作りではなく、大田原市にある『FLO』さんのです。味もボリュームも大満足!)

お誕生日会

写真はお誕生日の益子さんです。

見てください、この笑顔

ケーキ以上にとろけそうです。

そして、今週は岩手に社会見学に皆で行ってきます。

忙しい合間にホッと一息。

杉山