下野新聞に掲載

ご報告が遅くなりましたが

 

1月4日付の下野新聞の地域欄に掲載してもらいました

 

記事の内容はもちろん

創立65周年記念公演

「瓜子姫とアマンジャク」

 

 

記事にあるように

現在、木下順二さんの作品をプロ劇団が

上演許可とるのは非常に難しいのです。

 

これについては

演出の印南貞人氏は

「歴史ある劇団だからこそ

上演許可が下りたのでは。

やるからには単純な表現にはしたくない」と

(「下野新聞」より抜粋)

 

この作品を上演出来ることは

本当に光栄でもありますが

責任の重さを感じずにはいられません。

 

どの作品に対しても挑む心持は同じですが

一際この作品を大切に大切に

舞台の上で咲かせてあげたいと思います。

 

 

 

木下順二×らくりん座=∞(無限大)

 

そんな作品を目指して只今

日々稽古に励んでおります

 

そして本番当日では

 

劇場×舞台×お客様=∞(無限大)

 

となります。

 

皆様のことを

劇場でお待ちしております。

 

劇団らくりん座 広報部

 

★公演詳細についてはハーモニーホール

または劇団らくりん座までお気軽のお問い合わせください

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + four =